たんぽぽ園

浦添市児童デイサービス「たんぽぽ園」とは・・・

「少しの時間もじっとしていられない」
「ほかのお友達と一緒に遊べない」
「ことばが遅く、コミュニケーションも気になる」・・・など
・・・お子さんの成長や発達について、気になることや心配なことがありますか。

発達の遅れや障がいのある就学前のお子さんを対象に、親子で通う通園事業です。浦添市から補助を受け、運営しています。
園では、親子でスキンシップをとりながら保育の中であそびや様々な体験を通して、子どもの気持ちや意欲を育み、発達をうながしていきます。
また、保護者同士の情報交換や職員との相談を行う中でいろいろな情報を得ることができ、子育てのさまざまな不安をわかちあったり、みんなで子どもの成長を喜び合う場ともなっています。(お子さんの障害の診断の有無は問いません。)

Q.どんなことをするの?

A.たんぽぽ園は、月曜日から金曜日まで、それぞれ活動内容が異なります。
朝登園して、自由遊びや集団遊び、食事指導、お帰りの会・・・園での活動を通して、お友達と関わりながら、いろいろな「楽しい」「うれしい」を親子で体験していきます。
通常保育(療育)の他に、母子分離による個別・グループの日、プールの日、各種専門療育プログラム、年間行事などがあり、お子さんの様子を見ながら保護者と相談し、一人一人の子どもの発達を支援していきます。
また、登園することで、一日の生活リズムができ、遊びや種々の活動への意欲を育むことにもつながります。

Q.どうして親子通園なの?

A.乳幼児期は、子ども達がこれからつくっていく人とのつながり(社会性)を育んでいく大切な時期です。子ども達の発達・成長に最も大切なこととして、親子の関係が基礎になるといわれています。社会性の第一歩はお父さんやお母さんから始まります。親子のきずなが育まれることによってこれからの子ども達の力を育んでいきたいと考えます。
また、親にとっても子育てに不安になりがちなこの時期、親子通園をとおして子どものことを理解し、親子で心を通わせ合う経験を積み重ねて、子育ての喜びや自信を得ていくことができる、と考えています。

Q.見学・体験をしたいのですが・・・。

まずは、園の説明やお子さんのようすもお伺いしたいので、事前に面談予約の連絡をください。原則として体験はそのあととなります。
その後の入園については、市へ利用するための手続きが必要で、市から障害サービス受給者証を発行された方が対象となります。ただし、これは、障害者手帳とは異なり、あくまでサービスを利用するためのものですので、障がいの認定ではありません。
その他、お気軽にご相談ください。

事業(サービス)内容紹介

たんぽぽ園では

障がいのあるお子さんや発達に心配の見られるお子さんとお母さんが一緒に通う親子通園保育(療育)を行い、「あそび」をとおして発達を促します。

  • 保育内容(感触遊び ・運動遊び・見る遊び ・リズム遊び・その他)
  • 療育プログラム(心理リハビリ・健康相談・言語相談・巡回発達相談 など)

保育療育プログラム

  • 月曜日・火曜日・木曜日
09:30 登園
10:15 自由遊び
10:15 トイレトレーニング・おゆうぎ・朝の会
11:00 設定保育
11:30 手洗い・食事指導・自由遊び・歯磨き・お帰りの会
13:00 降園
  • 水曜日

母子分離による保育士とのマンツーマンの遊び(時間割にそって1人約45分程度)

  • 金曜日

プール遊び・園外保育など(11:30降園)

巡回療育プログラム

健康診断 2ヶ月に1回(午前)
言語指導 月に3回(午後)
巡回発達相談 月に1回(午後)
リズム遊び 月に4回(保育中)
リハビリ指導 月に4回(午前)

連絡先

ひとりでかかえこまないで下さい!もし、お子さんの事で気になることや悩んでいることがあれば是非、ご連絡ください。

〒901-2111
浦添市経塚1丁目17番1号
TEL/FAX:098-875-1502